気になる情報全部お目通し

MEDOO!!!

エンタメ

【高嶺の花】峯田、石原さとみにBABY BABY生歌を送る

更新日:

今夜12日夜10時~最終回を迎える「高嶺の花」(日本テレビ系)

それにより本日は主演の石原さとみさんと峯田和伸さんが
日テレ番組を電波ジャック!

生放送ってすごい!ってことが
スッキリ!(日本テレビ系)で起こりました!

ゲストで番組中盤に迎えられた二人。
その登場シーンで石原さとみの様子がなんだかおかしい。

いつもはカメラにきちんと微笑み手を振ったり
元気を見せてくれる石原さんですが
なんだか表情が暗く、笑顔もうっすらに留めている。

これはただねらぬ空気…何かある!

Sponsored Link

 

石原さとみが峯田和伸に激怒!?

 

―「高嶺の花」の最終話について

「連ドラを見てくださった方はすごく喜んでくださる最終回。
一話からずっと繋がっていた伏線が全部解消されているので
「オーぅ!」って思ってくれると思う
いっぱい傷ついたし、いっぱい嘘もついたし
素直になれなかったけど
最後に素直になれたかもしれない?
素直になるってこういうことなのかな?とか
幸せになってほしいなって思える展開になっていると思うので
応援してほしいです。」

 

―おっと!このままストーリー全部しゃべっちゃうんじゃないか!ってびっくりしました!

 

と、最終話をバラしそうになる石原さん。
思わず

 

「あ!すみません!間違えました!」

 

と釈明。

 

次に峯田和伸さんに話題が交代
―石原さとみさんと共演して印象は変わりましたか?

「会う前は「高嶺の花」という感じで
僕と住む世界が違う方なのかなと思っていたが
でも会ってから、いろんなお話もしましたし、
演技も見てホント笑顔が可愛い普通の女の子って感じで。。。(涙)」

 

ここで石原さとみさんが

「なんで泣きそうになってんのよーー!」

 

と峯田和伸さんに突っ込む。

 

峯田「あの、今日で終わりなんですよ。」

石原「わかるよ、わかるよ!」

峯田「撮影も3日前に終わって。
つなぎ着て、このカツラも今日で最後なんですよ。
だから今日で終わりっていう思い入れが・・・」

 

ここで司会の加藤浩次さんに

「え!カツラだったの!?」

と問われ、

 

峯田「はい!」

石原「しーーぃ!」

加藤「しーぃって言われてるよ」

石原「ないですないですないです!」

 

と焦る。
それを知ってか知らずか峯田はさらに、

 

峯田「(カツラが)暑かったね、もうホントに!」

石原「いいから!なんで今言うの!ここまで引っ張ったのに!?
ないですないです!違う!」

峯田「いや、プロデューサー言っていいって」

 

と石原をなだめるが

 

石原「いいって!違う!そんなこと言ってないから!
もう引っ張らないでいいです。ちょっとちゃんとして!!」

 

と峯田に激怒!!

 

スタジオ騒然!?
たまらず空気を読んだ進行役が

 

―毛先にちょっと眺めのウィッグをつけたって感じかな?

 

とその場を丸く収めようとしたが、

加藤「本人坊主って言ったよ!」

と、さらに火をつけた。

峯田はフォローしようとしたのか

 

峯田「それだけカツラをつけてくださった方が

優秀で自然に見えたというか」

 

加藤「俺ここまで何にも気づかなかった!」

 

峯田「あ!そうですか!そうなですよ~」と満足気。

 

それに石原さとみは崩れ落ち、呆れ顔でもう一発激怒

石原「ホントに、この3ヶ月何してたの!?(怒)」

 

スタジオ(しーーーーん。)

 

峯田「(カツラ)つけて。」

 

石原「そこを言ってんじゃないの!ずっと隠してたわけじゃん!!」

 

峯田「でもね、まぁまぁ。それでスイッチ入るっていうか、、、」

 

石原「もう、いいよ。もう、いい、、、。」

 

とうなだれる石原さとみにスタジオもただならぬ空気を感じ
質問を変え、

 

―逆に石原さとみさんから見て峯田和伸さんの印象はどうでしたか?

 

石原「ん~、最後の最後までよくわからなかったんですけど。」
と動揺したまま話し始める

 

「でも、クランクアップの時に私が先にクランクアップしたんですけど、
私が泣く前に(峯田さんが)号泣しちゃって、それ見て爆笑しちゃって
(本番は)泣けなかったです。なんで先に泣くの?とか思っちゃって。」

 

Sponsored Link

峯田「真面目に言っちゃっていいんですか?
(石原さんが)現場でホントにすっごい大変だったんですよ。
それを僕にぶつけてもきたし、苦しんできたところも見てきたので、
最後にプロデューサーに峯田さんから石原さんに花束を渡してって言われた時に
花束渡すってこういうことなんか!っていうくらいグッときた。」

加藤「花と渡す時に初めてわかった?」

峯田「今までホント何やってきたのかなくらい。
ホントお疲れ様でした!って気持ちで渡せた。
途中で辞めていいよって言おうと思ったくらい。」

 

加藤「何話くらい?」

 

峯田「8話9話くらい。」

 

加藤「結構ギリギリ後の方だな」

 

ここで石原が堰を切ったように入り込んだ

石原「でも、そこ限界だったんです。」

 

峯田「もう早く帰っていいよって言ってあげたいくらい。
ね?頑張ったよね?」

 

石原「うん。うん。」

 

ここのやりとりは本当に石原さんの表情はナーバスで
番組に出演した冒頭の時に一瞬戻りました。
それだけ、8,9話は石原さんにとって苦しい撮影だったのですね。

 

 

―峯田さんは撮影中よくやってましたか?

石原「はい。もうほんとに。最終回も素晴らしいので。」

 

―峯田さんには石原さんから花束を渡したんですよね?

 

峯田「来てくれたんですよ!」

 

石原「言葉だとうまく伝わらないので、ギターで歌わせていただきます。

って3ヶ月間ずっと聞き続けてきたBABY BABYを生歌で歌ってくれたんです!」

 

峯田「いい話じゃないですか!?」

 

 

とようやくスタジオは落ち着きを保ち、

 

加藤「普通終わるのって1週間前とかなのよ。三日前ってすごいね」

と、「高嶺の花」の情熱を振り返り、
この時にはスタジオ入りの曇った表情も
いつもさとみスマイルに戻っていた。
最後には晴れやかに

「ギリギリまでこだわってすごく丁寧に作りました。
役者側の熱量が伝わるといいな」

 

と最終回を控えて、視聴者に想いを伝えていました。

 

生放送で峯田和伸さんの暴露に一時どうなるか!?とザワザワしましたが、
最後はさすが人気アーティストの度量で
もしかしたら一番わかった欲しかった石原さとみさんの気持ちを代弁し、
見事笑顔を取り戻したくれた峯田さん、カッコいいです!!

今夜10時放送!ぜひお見逃しなく!!

Sponsored Link

 

 

-エンタメ

Copyright© MEDOO!!! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.