気になる情報全部お目通し

MEDOO!!!

エンタメ

髙木琢也【NHKプロフェッショナル】大事な所で全部失敗した過去と成功

投稿日:

OCEAN TOKYO

予約は2ヶ月先まで常にいっぱい

受け付けると500の枠が20分で埋まるヘアサロン

 

その人の手にかかれば人生が変わると

日本全国からこの男に切って欲しくて駆けつける

 

ー髙木琢也ー

 

10月1日放送のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演し

今の眩しいほどの活躍とは真逆の

どん底を這いつくばった時代があり

そのことが今の髙木さんの成功に繋がっていることを話してくれました

 

カリスマ美容師の知られざる過去と成功された今の思いを

放送内容と筆者独自調査と織り交ぜて公開します!

 

 

Sponsored Link

 

 

大事な所で全部失敗した過去

 

 

人生の転機:高校受験の失敗

 

 

1985年公務員の父、美容師の母の元に生まれる

 

幼い頃はスポーツ万能で成績優秀、学級委員長を務める優等生

 

しかし中3の高校受験に失敗

 

そもそも髙木少年は

90%合格が見込めないと言われていた学校を受験しました

理由は合格の可能性が10%でもあるなら受験したい

とのこと。

さすが憧れる有名人がケイスケ・ホンダだけありますね!

 

その代わり落ちても先生のせいにしないし、

自分の実力が足りないと腹をくくって受験したそうです。

 

「受けないで諦めることがイヤでした。」

引用元:https://relax-job.com/more/34997

 

と当時を振り返っています。

 

 

しかし、この後の経験が幼い髙木少年を変える転機となりました。

 

 

高校受験失敗の後、

髙木家に学校や塾の先生が来て、両親に

 

「すみません、指導力不足でした」

 

と謝罪し、

 

「いいえ、すみません。先生方のせいではありません」

 

と親も謝る姿を隣で見た髙木少年。

親は悪くないのに、親に謝らせてしまったことが

髙木少年には痛烈に刺さり、

奇しくもこのことが生涯に渡る高木琢也さんのテーマとなりました

 

 

人生のテーマ「親を喜ばせたい」

 

 

高校受験に落ち、

第2志望の高校でプロサッカー選手になるために励むが

ケガで断念

 

その後も大学、専門学校、公務員試験もすべて失敗

 

 

自分の不甲斐なさよりも

親に申し訳なくていたたまれない気持ちが積もった髙木琢也さん

 

 

この経験によって髙木琢也さんの人生のすべては

 

親に後悔させたくない

親を喜ばせたい

 

になったそうです

 

 

大事な所で全部失敗してきている

大事な所でうまくいかないのが高木琢也が持ってる星

 

と現在でも苦境に立つとこうして自分を攻めることもしばしば。

 

「ここまで落ちる人もなかなかいないから(涙)」

 

 

番組ではご実家でこのように本音を言って号泣する姿がありました。

 

本当に辛い過去を経験され、苦しかったと思います

 

 

Sponsored Link

 

這いつくばって手にした成功

 

 

次に髙木さんが選んだのは母親と同じ美容師の道

 

まだアシスタント時代でシャンプーしかできなかった時代に

 

「日本一の美容師になる」

 

と、お客さまに宣言していたそうです

 

 

「攻めてナンボだっていう気持ちは中学校の頃から思っていて、

今も変わっていません。」

 

「安パイを選ぶ人生って平凡でしょ! 攻めないと」

https://relax-job.com/more/34997より

 

 

高校受験の時もそうですが、

度胸が半端ないですね!

 

 

20歳で原宿で1,2位の人気美容室に就職し

5年でトップに昇りつめる

28歳で中村トメ吉さんとオーシャントーキョーを開店

31歳で日本最大規模のヘアコンテストでグランプリ

1ヶ月で1,200万の売上を記録するカリスマ美容師

 

と、美容師の道を鰻登りに駆けていきます

 

 

 

「今日よかったっていうよりも

数ヶ月よかったって思ってもらえるようにする」

 

 

「自分がお客さんだったらどうして欲しいか

うまい下手が出るっていうのはちょっと雑なんだと思う

そういうのはフェイク野郎」

 

 

「絶対才能じゃない

いかにお客さん目線に立つか」

 

 

美容師のお仕事ほど才能がなければできないと

素人は思いますよね?

でも、絶対そうではない!と言い切るのは

髙木琢也さんのこれまでの経験がそうさせるですね。

 

失敗したってそこに思いがあればいいんだ

逆に言うと、思いがない成功なんてフェイクだ

といったところでしょうか。

 

 

 

Sponsored Link

 

夢は「髪で世界をハッピーに」

 

 

番組では1人の男性のカットシーンになり

 

髙木さんは

 

ひと目見て

目が覆われるほど長い前髪が気になりました。

 

「ここ最近ずっと前髪長いでしょ?

目がめっちゃキレイだからから出したほうがいいよ。」

 

 

と思い切り目を出してイメチェンを図りました。

髙木さんは最近の若者を見てきてこう感じているのです

 

 

「顔を出せ

下むいてもいいことないよ

今の若い子たちって結構いろんなことに悩んでいて

実際、見た目にみんなコンプレックスを一番持っている

 

でも「それって気にしなくていいよ」

っていうのを

髪型が一つのきっかけになってもらって。

 

ちょっと背中を押すだけでそこで何かを掴んでもらえたらいいな。」

 

 

そして

美容師のやるべきこと「魔法をかけること」

 

だとし、

 

 

目の前の人を幸せにするのは当たり前で

俺は最終的に世界中が平和になったらいい

 

「世界をハッピーにする、髪で」

 

 

東京オリンピックが来た時に

日本は満員電車のサラリーマンがみんなめっちゃ疲れていて

「大変な国だね」

って思われるのが嫌だから

「日本っていい国だね、ハッピーな国だね」

って思ってもらえたらそれでいい

 

 

と語っていました

 

髙木さんの熱いスピリットにもう感動しまくりですね!

 

 

 

髙木琢也のプロフェッショナルとは?

 

 

番組終盤。

 

「親孝行果たせたか?」

という問いに

 

「いや、俺はこんなもんじゃねよっていうか。」

 

らしい発言が出ました。

 

しかしすぐに!

 

「ここからどうしようかなっていうか、

常に次のアクションを探している

 

これで売れなくなったらまた

(親を)悲しませる可能性になるでしょ…

そういうことはしない」

 

 

と静かに自分を諭すようにしていたのです

 

 

この頃の髙木さんは

メンズ美容雑誌での特集で

次に来る髪の流行を示すという

大きな挑戦をしていました。

 

 

 

「カッケー作るのは結構難しいですね

大事なところで全部失敗してきているから

すごい強気だけど、すごい不安になる

それって隣り合わせなんだろう

今向き合っているなと

こんなに辛いの初めてです」

 

 

と、弱い髙木さんをカメラに見せていました。

 

しかし数日後に

 

「無骨なパンクヘア」

 

を次のトレンドにすることを晴れ晴れとした表情で発表されました

 

 

 

「プロフェッショナルとは?」

 

「ダッセー!でも、必死。結果を残す」

 

 

まさに髙木琢也さんそのものを表しているような

素敵な名言ですね!

 

Sponsored Link

 

 

-エンタメ

Copyright© MEDOO!!! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.