気になる情報全部お目通し

MEDOO!!!

子育て

シロガネーゼの反対がひどい!?白金台保育施設の計画見直しも

更新日:

白金台、保育園

マダムが住まう高級住宅街の白金台に

港区が待機児童解消緊急対策の一環として

保育施設を建設する計画がある今。

その住民説明会で白金台住民の大反対が起こり話題となっています。

 

住民側は別の場所への建設を希望

区側は19の候補地を検討したが、

ここ1箇所しか建設可能な土地がないとしています

 

わたしの住む地域も都心にほど近く
待機児童問題は深刻です。
私自身も子育てをしていて保育園に入れるまでは
遊び場を探すのに必死だったり、車を所有していない方は
近所から公園がなくなると本当に絶望するだろうなと
とても複雑な気持ちになります

 

建設予定の保育室ってどんな施設なの?

シロガネーゼはなぜそこまで反対するのか?

賛成派の意見も聞いてみたい!

まとめてみました!

 

 

 

 

Sponsored Link

 

建設予定の港区保育室とは?

 

今回建設計画にあげられているのは待機児童解消のために

港区が独自に開設する保育施設です。

 

一般的に保育園というと、都道府県が認可する保育施設を指すことが多いのですが

今回は都の認可は受けないで、自治体独自の基準で運営する施設です。

 

 

場所は?

 

 

場所は『白金台3丁目遊び場』

この一部を閉鎖し、保育室を建設し、来年4月から100人程の園児受け入れを計画しています

 

 

10月12日には工事を着工する計画を練っていました

 

 白金台3丁目遊び場

 

 

白金台3丁目遊び場の遊具

 

 

 

 

 

 

 

 

 

認可保育園と何が違うの?

 

都に認可を受けないと聞くと、あまり聞こえが良くないかもしれませんが、

実態は認可保育園同様の体制で保育がされます

 

違うことは、港区が設置し、保育を民間業者に委託する運営形態ということになります

 

 

なんで保育室を建設しなければならないの?

 

冒頭でも述べたように、この計画は【待機児童解消緊急対策】の一環です

港区では待機児童が去年4月で164人、おととしより100人も増加しました!

 

港区はかつて待機児童はいないとされていましたが、

今は若者の子どもを持つ間で“都心回帰”という考えが進んでいて、

子どもの頃から都会に住む世帯が増えたことが背景にあるようです

 

 

 

なぜそこまで反対するのか?

 

今回紛糾した住民説明会は6回目。

港区設備計画説明会を去年の6月と8月に計3回開きました。

そこで「場所を変えてください」などの声があった。

それからどういった経緯があったのかが不明ではあるが、

区は住民の了承を得たと判断し、工事を決定。

 

1年以上たった今年9月から工事説明会を3回開催。

納得がいかない住民たちは工事!?まだ了承してないんだけどー!!!(爆)

という背景があります。

 

 

Sponsored Link

 

反対理由① 遊び場がなくなる!

 

 

(反対派)「今育っている子どもたちを育む場所を奪ってまでというのは

違うと思います」

 

という、子どもたちの遊び場が奪われるという意見。

ここ白金台3丁目遊び場は近隣のお子さんや

インターナショナルスクールの園児が来て遊び場として使われています

よって、その子たちは一体どこで遊べばいいの?ということです。

 

 

子どもたちが公園で遊んでいる

 

(反対派)「待機児童は数字で出るが、遊び場待機児童もいっぱいいる。

結局みんなどこで遊ぶんだというのが現状」

 

実際にインターナショナルスクールの責任者は

 

「子どもたちが毎日のように使わせていただいているとても大切な場所。

そこを潰して遊び場をなくすと、公園浪人の子どもたちを増やしてしまう」

 

これらの声に、

 

(港区)「苦しい所なのだが、整備計画が昨年度の待機児童解消の緊急対策で検討した中で

やむを得ず選定した」

 

 

と回答。

 

現に、特に都内において園庭のない保育施設が多数あり、

近隣公園の争奪戦があるということです。

この解決策を考えるうえで、「共有」すればいいのでは?との意見があります。

つまり、もし建設されても、その園庭を共有するということです。

 

 

反対理由② 木を切るな!

 

 

(反対派)「木を切って育てて、、、その子どもたちはどういう子に育っていくんですか?

なにもわからないただ箱の中で育って行くだけになるでしょ?」

 

(港区)「樹木は保存樹林ではありません。待機児童解消のための

定員確保のため、現在の計画とせざるを得ず、樹木を残すことはできません」

 

と回答しました。

 

 

樹木に関しては当初の説明会から意見があがっていました

そこで工事事業者が

 

「建設にはこれらが邪魔になるから・・・」

 

と発言してしまい、

 

「とんでもない発言だよ!」

 

と住民の怒りをかってしまったのです。

慌てて区側は「邪魔」を撤回しましたが、時すでに遅し。。。

 

予定地にはけやき・しからし・しいなどの樹齢100年を超える木が数本あり、

東京では珍しく立派な太さを有する木がたくさんあるそうです。

もし建設されるとそのほとんどが伐採されてしまうことへ対する危惧。

 

意見には「設計の変更」を願う声もありました

これに対し、木を残す施工を再計画すると回答しています。

 

 

 

反対理由③ 4年後に道路になる所になんで作るんだよ!

 

なんと、建設予定地は4年後には環状4号線になるという都の計画があるそうです!

保育室はおよそ2億超えの予算がかかるそうです。

つまり、、、

4年後には2億以上の区民税が使われたものがなくなるということです。

 

 

もったなーぃ!!

思わず私も突っ込みました。

しかし、他の市区町村でも5年のみの保育施設があるそうなのです!

 

緊急性>区民のお金

 

という考えなのですね。

 

ここまでしても、この地以外にはないということなのです。

 

 

 

Sponsored Link

 

反対理由④ トイレを無くするな!

 

建設に伴い、遊び場内に設けられている公衆トイレや遊具の撤去に関して

 

「じゃあ年寄りはどうすればいいんですか?

立ち小便でいいって言うんですか?」

 

という反対派からの発言に会場の一部で笑いが起き、

 

「笑い事じゃない。年寄りは10分、15分で一回行かないといけない。

真剣に考えてほしい。」

 

 

という高齢者側からの声。

 

 

 

反対理由⑤ 朝日が入ってこなくなる!

 

「わたくしの寝室には朝日が入って目覚める感じで今まできています。

はたしてそこに2階だか3階だかができてどうなるんですか?

とにかく絶対反対ですから!!」

 

 

 

 

賛成派の声は?

 

「反対派の人に考えていただきたいのは、基本的に【子は国の宝】なんです

子どもを産みたいのに産めない人がいっぱいいるんです。

それはなんでかって言うと保育園がないからなんです。」

 

と発言した所、反対派から

 

「ははははははははははははは、暴論!ははははははははは」

「は?それはない!」

 

 

(賛成派)「私は利害関係者じゃないですけど、

年金をもらっている方もいらっしゃるのに

なんでそんなに子どもを持った家庭に厳しいんですか?」

 

 

(反対派)「はははははははははー」

 

 

と、住民の間でも亀裂が生じていました

 

この問題を取り上げた

朝の情報番組とくダネ!でコメンテーターが

 

「東京は少し前まで都内から人口が減っていくのを懸念していろんな事業に取り組んだのだから、待機児童が出るということまで考えて、

例えば、マンションの1階部分は保育園にするとかまで考えなくてはいけなかった。」

 

とか、

 

「足りなくなったから建設じゃなくて、

保育園って、街づくりなんです。

都市計画の段階で街全体で考えて配置する考えが必要」

 

 などの声がありました。

 

 

まとめ

 

この問題の発端は

港区が区民の承認を得たと勘違いしてしまい、

区民からすると、それぞれのデメリットを消化しようにも、

十分な話し合いを持たなかったために、

強引に決めさせられた感が怒りとなってしまったということですね。

 

反対派の方はあくまでも

「保育室を作ることに反対しているのではない」と言っています。

 

ただ、私が我慢するのは嫌!というところを

港区はもう少し丁寧に対応すべきだったと思います。

 

南青山の児童福祉施設問題同様に。

 

Sponsored Link

 

-子育て

Copyright© MEDOO!!! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.