気になる情報全部お目通し

MEDOO!!!

エンタメ

スーパーカー・バンドメンバーの今は?いしわたりだけが繋がっていない

更新日:

伝説のロックバンドSUPERCAR
ROCKに疾走感を放ったデビューから
ダンスミュージックをバンドで体系化し、

映画「ピンポン」では主題歌や挿入曲に

起用され一躍話題となった。

その唯一無二の存在感が今もなお強く記憶に残る伝説のバンドSUPERCAR

アルバムごとにナカコーの真髄に迫るようで
発売日は前回のイメージをどう壊してくるか

楽しみで仕方がなかった。

 

そんなスーパーカーも
ナカコーのアンビエントプロジェクト「NYANTORA」

あたりから

徐々にバンドとして
ナカコーの音を再現することに限界を迎え
解散となった。

ROCKバンドとして絶頂期を迎え、
ROCKを離れつつあったサウンドに
もしやとファンは見込んでいたが、
やはりスーパーカーの解散は惜しいものだった。

しかし、救いは今もなお彼らそれぞれの作品に
触れることができること。

解散後のメンバーの活動をまとめてみた。

Sponsored Link

 

SUPERCARメンバーの現在は?

中村弘二(ナカコー)

2006年:Nyantora活動を終了
ソロプロジェクト「iLL」活動を開始

2009年:Nyantora再始動

2011年:「LAMA」結成
メンバーフルカワミキ、田渕ひさ子、牛尾憲輔

2011年:レーベル「Sound of Romances」発足
コンセプト
「音と楽曲の間に位置するような不思議な感覚を探す」

2012年:三嶋章義とユニット「MECABIOtH」結成。

「Nakamura Koji」として
テレビアニメ『エウレカセブンAO』のサウンドトラックを制作

2014年:「Koji Nakamura」としての活動を開始

2016年:ナスノミツル、中村達也とともにMUGAMICHIRUを結成

2018.8.16 Koji Nakamura CD-R「Texture07-12 SET」リリース

2018.8.22 MUGAMICILL ワンマンライブ

2018.9.8 Nyantoraとして、Live出演

Koji Nakamuraオフィシャルサイト

 

 

いしわたり淳治

2005年の解散後は作詞から始まり、
とにかく執筆活動一色と言っても過言ではないと思います。
いしわたりさんはスーパーカー解散時の音楽雑誌インタビューで、
解散の心境を赤裸々に語っていました。

 

「ナカコーは結成当初からSUPERCARを
期間限定プロジェクトと捉えていた節があった」

「ここ何年もナカコーから俺(いしわたり)の名前を、
呼ばれたことがない」

「ナカコーとはFuturamaあたりから
ほとんど口をきいてない」

 

「ナカコーとミキは
歌詞なんてどうでもいいと言っていた」

 

「信用しているのはミキと益子だけとナカコーが言っていた」

 

これが本当ならば相当傷つきますよね...

 

「Futuramaは正直、僕の趣味じゃない。」

 

筆者は『Futurama』リリース直前のラジオ番組で
その収録を生中継された時に
リアルタイムで見ていましたが、
ナカコーとミキちゃんの異様な?異常な?
イチャイチャぶりにちょっと驚きました。
そして進行役のいしわたりさんが一生懸命仕事をされる中
二人は終始おふざけモードで、
イライラを必死で耐えていたいしわたりさんの印象が残っています。
おそらくいしわたりさんにとって解散は屈辱だったでしょう。

 

 

 

引用元:http://ent2.excite.co.jp/music/interview/2003/supe...

 

 

しかし、心機一転したいしわたりさんは

メンバーの中で一番日の目を見ている存在となり

音楽シーンのみならず、その文才を遺憾なく発揮されています。

喫緊では

2018年8月26日(日) 23時10分~24時05分

関ジャム 完全燃SHOW

【なぜ心にしみる?名曲揃いの夏の終わりソングベスト10】

 

に歌詞プロデューサーとして出演され、

楽曲の魅力をわかりやすくコメントされていました
 

以下が主な活動です。

音楽プロデューサー
チャットモンチー、9mm Parabellum Bullet、flumpoolなど多数

 

作詞家
Superfly、剛力彩芽、石川さゆり、布袋寅泰、今井美樹など多数

楽曲としては600曲以上の作品に携わっている

 

執筆家
短編小説集「次の突き当りをまっすぐ」

小説&エッセイ集「うれしい悲鳴をあげてくれ」

朝日新聞デジタル「&M(アンド・エム)」にて
コラム「いしわたり淳治のWORD HUNT」連載中

筑摩書房のサイト「WEBちくま」でショートショート小説掲載中

雑誌「MUSICA」にて、「DISC REVIEW」を担当

雑誌:「T.」の「COMMENTARY」の映画レビューを担当

 

 

いしわたり淳治オフィシャルサイト 

 

Sponsored Link

 

フルカワミキ

解散後は「フルカワミキ」として歌姫で再スタートしました。

スーパーカー時代のみならず、

ファッションリーダーだったミキちゃんには

コアなファンが多くいました。

 

音楽以外での芸術性も高いフルカワさんは
そのセンスを活かし、途切れなく活躍を見れます

スーパーカー解散当時は
ナカコーとのいちゃいちゃがファンの目に止まり
二人は結婚しているの?と言われていましたが、
結婚した派、していない派が別れていて真相はわからずです。

 

しかし、今も二人は固く結びついていることは間違いなし!
ミキちゃんのTwitterには連日んナカコーリツイート。
二人でNHK―Eテレの『シャキーン』に楽曲提供し、

出演もされています!

 

2006年:シングル「Coffee & SingingGirl!!!」でソロデビュー
アルバム「Mirrors」
2007年:シングル「サイコア*リカ」
2008年:シングル「Candy Girl」
アルバム「Bondage Heart」
2009年:シングル「サイハテ」
2009年:-Bondage Heart- Remixes
AH-Softwareから発売されたVOCALOID『SF-A2 開発コード miki』の声を担当
2010年:「Very」
2011年:「LAMA」結成

とにかくマルチな活動!
UNIQULO “アスレチックジャージ篇”出演
MINOLTA “ベクティス2000”出演
クラシエ “海のうるおい藻”(キャラクター声優、楽曲提供 ”LA LA LA”)
ミツカン(ナレーション)
日産 ”マーチ ちゃっかりさん”(歌)
HITACHI エアコン(歌)
日本コカコーラ 爽健美茶(歌)
くるり「ばらの花」(コーラス)
ASA-CHANG&巡礼 「花」(Voice)
NYANTORA 「2001」(Chorus)
RAM RIDER 「Memory starring フルカワミキ」(Vocal)
Compilation album「Lingkaran for Baby」(「きらきらぼし」「てるてる坊主」)
Koji Nakamura「こころね」(Chorus)※NHK Eテレ「シャキーンミュージック」2017
2018年:7/24(火)~29(日)「TOKYO SOUNDSCAPE by cowcamo」

 

フルカワミキ公式サイト

 

 

田沢公大

解散後はaM™[aem]として活動し、
他アーティストのプログラミング、

プロデュース活動も行っていた。
音楽活動を継続しつつ、

2014年より青森県十和田市で一般職に就いている。

2015年には高畠俊太郎さんの青森LIVEのサポートメンバーとして
LIVE出演

Facebookも解説しており、一般公開はされていないが
なんとナカコーと友達になっていることがわかる!

 

 

最後に

すでに解散して長いが、
デビュー20周年を記念して
スーパーカー初となるALL TIME BEST
2018年4月には『PERMAFROST』がリリースされた!

Sponsored Link

 

 

 

-エンタメ

Copyright© MEDOO!!! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.