気になる情報全部お目通し

MEDOO!!!

エンタメ

保育園落選希望は身勝手!?育休延長は補助金目当てで悪いのか?

更新日:

保育園入所届け

保育園入所申請を提出したものの

「落選」を希望する家庭が

今、相当数いることをご存知でしょうか?

保育園に入れなくて困っているんじゃないの!?

「保育園落ちた。日本死ね!!」の次は落選希望だと?身勝手な!!

補助金は税金だぞ!

など、世の中待機児童問題の意識が浸透してきていることもあり

どういうこと?と混乱している声が多くあります。

なぜ保育園の「落選」を希望するのか?

今の育休制度ってどうなってるの?

保育園入所申請の実状とともに掘り下げます

 

 

Sponsored Link

 

保育園「落選」希望の概要

保育園入所申し込みに対し「内定」を出しても、

「辞退」や、最大5つの園に申し込めるのに激戦の1園だけしか申し込まない

といったような、明らかな「落選希望の申し込み」が相次いでいます。

ある自治体では辞退が数百件も出ているそうです。

例えば、申し込み書類を提出する窓口で

「落選するようにやってほしい」

当選した後に

「辞退するから落選の証明書だけいただきたい」

などトラブルとなっているケースが後をたたないことから

厚生労働省は2022年度の募集を目処に、

申し込みの際に「どの程度本気で復職するつもりか」を

保護者側が意思表示するチェック欄を設けることを検討しています。

育休延長が希望なら、入園審査の指数を下げて、

入園審査に通りにくくすることで混乱を避ける狙いがあります。

 

 

育児休暇ってなに?

正式には育児休業制度と言います

子が1歳(一定の場合は、最長で2歳)に達するまで

(父母ともに育児休業を取得する場合は、子が1歳2か月に達するまでの間の1年間<パパ・ママ育休プラス>)

申出により育児休業の取得が可能

また、産後8週間以内の期間に育児休業を取得した場合は、特別な事情がなくても申出により再度の育児休業取得が可能<パパ休暇>

育児休業期間中、賃金が支払われないなど一定の要件を満たす場合には、「育児休業給付金」が支給され、休業開始時賃金の67%(休業開始から6ヶ月経過後は50%)が支給されます。

「厚生労働省HPより抜粋」 

簡単にまとめますと、子どもを産んだあとの育児休業中に

賃金で要件を満たせば補助金として賃金の67%(6か月後から50%)に相当する

育児休業給付がハローワークから支給される。

期間は基本1年間。最長2年まで延長可能。

 

 

なんで「落選」を希望するの?

このニュースで世間は

「待機児童問題で、日本死ね!の次は落選希望だと?身勝手だ!」

と、落選希望をするママへのバッシングがたくさんありました。

 

保育園問題というと真っ先に「待機児童」が思い浮かぶほど

世間の浸透性は高いのでそのような気持ちになるのはやむを得ないですが、

落選を希望する背景にはどんな理由があるのでしょう?

まとめました。

 

できるだけ自分で育てたい

赤ちゃん期の子どもの成長をそばで見たい

夜間の授乳や夜泣きによる寝不足に加え、 保育園の準備と送迎、家事、育児、仕事をやるには 体力的にも不安だから、ある程度大きなってから仕事復帰したい

 

年度途中で1歳を迎えても希望する園への入園は絶望的だから 育休目的の申請せざるを得ない。

といった切羽詰まった心境の理由がある一方、

 

補助金がもらえるから

と、率直に答えるママも多くいます。

 

Sponsored Link

 

論点は?

保育園落選希望問題の論点は2つあるようです

 

国の制度が悪い!

 

現状ですと、1歳までとする育児休業の延長のためには

落選したいにも関わらずわざわざ申請しなければならないですね。

そもそもこの制度を変えねばならないのでは?という声が多くあります。

申請せずとも2年間は育児休業ができ、

それよりも早い仕事復帰を希望する人が

保育園入所申請をする

 

という形にすべきということです。

 

落選希望の理由のデリカシー

前述したような

幼いうちは我が子を自分の手で育てたいとか

まだ歩くこともできない生活リズムも整わない赤ちゃんのうちから

保育園の準備に、家事に、仕事にととても負担になる

という理由を聞いてまでワガママを言われてはママも心外です。

問題は、補助金がもらえるからと考えるママに矛先が向いていると思われます。

補助金は税金からも支払われいるので

「もらえるからラッキー」的な感覚でテレビのインタビューから聞こえてくると

納税者はムカッとくる人もいるのですね。

 

補助金目当ては悪いこと?

例にあげた

「補助金目当てでーす!」

は言い方としてそれを聞いた人への配慮が欲しいと個人的には思います。

そもそも補助金と言われている

「育児給付金」とは

従業員が育児休業中に申請することでもらえる給付金のことで、

育児休業中は仕事に入れず、かといって会社も今までの給料を支払うわけにもいかない。

そういった人に国がお金を給付し育児休業中の人の生活を困らないようにするためにある制度です。

このことから、仕事復帰をするという意思を持っていることが前提ではないかと思われます。

職場としての仕事ができない代わりに補助してもらうということですね。

育児に励む見返りではないのですね。

個人的にはこれが欲しい!と懇願しますが。

 

ですから、仕事復帰を目指しているママは2年間補助金をしっかりいただいて

赤ちゃんというたった2年間しかない短い時間を大事に過ごすこと何ら問題はないのです。

 

Sponsored Link

 

-エンタメ

Copyright© MEDOO!!! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.